産学共同プロジェクト

平成20年5月から、国立大学法人東京学芸大学と株式会社ムラコシ精工との産学共同プロジェクトがスタートしました。

産学共同プロジェクトとは

このプロジェクトは、ボルト・ナットなどの回転系接合金具への理解や操作トレーニングとなるプロダクトを研究する目的として、具体的にそのプロダクトを学生たちがデザインして提案する、というものです。
ムラコシ精工は、今後ともこのようなプロジェクトに企業活動の一環として積極的に関わって参ります。

産学共同プロジェクト

プロジェクト1

スウェーデンから東京学芸大学に来た交換留学生の日本での課題として、積極的に取り組んでもらいました。
学生たちが提案するおもちゃはユニークで大変面白みがあり、非常にレベルの高いものとなりました。

プロジェクト2

東京学芸大学付属小金井小学校の2~4年生の皆さんに、実際におもちゃで遊んでもらう検証を校内広場にて行いました。
実際に木でできたおもちゃに触れ、ネジに触れ、道具に触れ…中には初めてレンチやドライバーに触れると言う子も多く見られました。
組み立てることに悪戦苦闘しながらも、何かに見立てて組み立てる子供たちの想像力の豊かさと、道具を使いこなそうとする真剣なまなざしが印象的でした。

会社情報

  • 社長ご挨拶
  • 会社概要・沿革
  • 3+(サン・プラス)とは
  • ISO9001:14001認証取得
  • 営業所/工場案内
  • グリーンパワー事業(太陽光発電システム)
  • 産学共同プロジェクト
  • ムラコシ精工のここがすごい! 
  • 3次元加振試験機
  • 動画集
  • ファインコンポーネンツ事業部

環境への取り組みについて

採用情報

お知らせ

ページの先頭へ