折り戸用金具

折り戸用金物とは、扉に付ける戸車・丁番・レール・ストッパーなどが有ります。
折り戸とは、戸と戸が丁番などでつながれ、開いたときに折りたたむような形になるものです。

折り戸の特徴

  • 開閉に場所をとらず空間を有効利用できます。
  • トイレや、廊下などの狭い空間の収納扉などに用いられることが多いです。
折り戸用金具

折り戸の種類

  • インセットタイプ:壁面の厚みの中で納まるタイプ。スッキリとした印象です。
  • アウトセットタイプ:壁面の外側に取り付けるタイプ。壁に下地があれば開口サイズに関係なく取り付けることも可能なため、リフォームにも適しています。
  • 固定タイプ:壁と扉が金具で固定されているタイプ。大きな扉でも安定した開閉が得られます。
  • 開き戸+折り戸タイプ:開き戸に折り戸がプラスされたタイプ。通常の1/3で扉の開閉が行えます。
  • フリータイプ:壁と扉が固定されていないタイプ。扉裏のスペースも活用できます。
折り戸用金具

製品情報

  • 新製品情報
  • 耐震ラッチシリーズ
  • 木工用ジョイントシステム
  • 室内ドア用金具
  • スライドヒンジシリーズ
  • アルミフレーム扉シリーズ
  • 扉機能金具シリーズ
  • 折り戸用金具
  • 引き戸用金具
  • 収納用金具
  • 手摺金具
  • ハンドルシリーズ
ページの先頭へ